花たねを育てるのに必要なもの

道具背景に花の苗を持つ人

最低限必要なガーデニング用品

おうちで簡単に花たねから育てられる初心者でもはじめられるガーデニングや楽しみ方について解説しています。
ここでは先ほどのページに引き続き、花たねからお花を育てるのに必要なものをピックアップしていこうと思います。

花たねを育てるのに必要なもの②


【鉢類】
・駄温鉢
シンプルで使いやすく、花苗や花木・果樹にも向いている。
素焼きで通気性・排水性も抜群で花たねも育ちやすい。

・育苗用ポット
園芸店やホームセンターでもよく見かける花の苗が入っている鉢。
大きな花たねはこのポットに培養土を入れてから花たねをまきます。
直まき出来ない時や害虫被害を防ぐのにもオススメです。大きさもいろいろあります。

・ジフィーポット
ピートモスにウッドパルプを加えて鉢型にしたものです。この中に土を入れて花たねをまきます。土の中で分解するようになっているので、このまま土に定植可能。
移植するときに根傷みに弱い植物にはピッタリ!

・発芽育苗器専用セルトレー
土を穴に入れて、花たねをまきます。小苗の移植は、土ごと抜くことができるので、根を傷めません。穴の大きさはいろいろあります。

そのほか、初めて花たねから花を育てる人は、基本的なスコップやジョウロ、霧吹き、土入れ、園芸用鋏などは用意しておきましょう。
ガーデニング用品を選ぶ際は、作業しやすそうな使い勝手がよい、手になじむものを選びましょう。

花たねから花を育てるにはとりあえずこれだけは揃えておきたい最低限のガーデニング用品をここではご紹介しました♪