花たね団子ってどんなもの?

芽が出た花たね団子

子供と一緒に花を育てよう

「花たね団子」ってご存知ですか?を見るかぎり、何となく食べもの?と思われるかもしれませんが、じつは花たね団子という言葉を初めて耳にした方も多いかと思います。

この花たね団子は、「粘土団子」という自然農法で使われてきた手法を、もっと手軽に簡単に楽しめるように考えられたものなのです。

花たね団子のここが楽しい!!


花たね団子の作り方の詳細を解説する前に、まずはその魅力についてお話したいと思います!
種まきというのは、従来とっても地味でなかなか大変な作業で、肩もこる作業でした。
でも花たね団子は、練った土をコロコロお団子状に丸めて作ります。
なので、種まきが「作業」ではなく、小さなお子様からお年の召した方まで楽しくできる遊びのいっかんとして種まきができるのです。

もう一つの魅力は、まき方。
通常はちゃんと発芽するように神経を使って花たねをまくわけですが、花たね団子はポンポ~ンと投げるだけなので小さなお子様でも遊び感覚で楽しみながら花たねをまくことができます♪子供はもちろん大人も一緒に花たね団子を作ってわいわい放り投げる楽しい行事となりますね!

花たね団子の作りかた


まずは花たね団子の元になる土を混ぜましょう!
ケト土と荒木田土を、7:3の割合いでよく混ぜます。

ケト土は、重くて粘土質の黒い土。荒木田土は硬いかたまりで、赤土を粘土質にした様な土です。ビニール袋などを破けない様に重ねて、上から木槌などを使ってかたまりを砕いておくと上手に混ざります。混ぜ合わせた土に水を加えて耳たぶくらいの硬さになる様に混ぜて練ります。

練った土を直径3cm程のお団子になるように小分けにします。これに緩効性肥料をひとつまみ加えて、コロコロお団子状に丸めます。この時、大きなお団子にしちゃうと、後の発芽が悪くなるので注意しましょう。

(花のミックスシード)
出来上がったお団子に、まきたい花たねをまぶしつけます。あまり花たねをつけすぎると一箇所に集中して芽が出てきて大変なことになってしまうので、つけすぎには注意しましょう。

花たねをつけたら、土に馴染む様に更に丸めましょう。ヒマワリのような大粒の種は、お団子の中に埋め込みます。

(珪酸塩白土をまぶした花たね団子)
できあがった花たね団子は本当のお菓子のように見えます。小さなお子様が間違って口にしないように注意しましょう。後はみんなでわいわい楽しく花たね団子まきです!

また、花たね団子は鉢植えでも楽しめます。その場合は、鉢に花たね団子を半分くらい埋めるようにします。花たね団子は乾燥しにくい土を使いますが、鉢植えの場合には乾燥してしまう前にちゃんと水やりをしてあげましょう。

花の種類によってばらつきがありますが、早いものなら3~4日後くらいから発芽し始めます。花たね団子で、みんなで楽しくたねまきできますね♪

また、いろいろな花たねを混ぜ込んで、お子様と一緒に花が育つ過程を体験してみるのも良いですね♪ぜひ試してみてください。